ビジネスレポートから対策を考える

 

 

 

 

★カートボックス獲得率が高いのに商品が売れない

→セッション数が少ないのが主な理由⇒リサーチ強化

 

・オートで広告をうっているのにセッション数が上がらないのは場合はカタログにキーワードが設定せれていないもしくは適正キーワードが設定されていない可能性がある。

 

カタログは基本登録者しか修正できないのでスポンサープロダクトのマニュアル設定で広告を出し露出を増やす。

 

広告のキーワードはキーワードプランナーやAmazon推奨キーワード検索などでリサーチ

 

※価格が下がってきている商品はトレンドが下降気味なので仕入れない

 

★セッション数も多くカートボックス獲得率も高いのに売れない

・価格が高すぎる可能性がある

→値下げ

 

★カート獲得率が0%

・カート獲得率を上げる要素はいくつかありますがまずは値下げする

※カートボックス獲得率は最低20%以上を目指す